Online Shop

Blog 【タイプ別】まつ毛美容液の上手な塗り方!まつ毛ケアで印象をアップ

ラッシュリンクTop > ブログ > 【タイプ別】まつ毛美容液の上手な塗り方!まつ毛ケアで印象をアップ

ハリとコシのある健康的なまつ毛を手に入れるため、世の女性にとって今やまつ毛美容液は必須のアイテム

しかし一口にまつ毛美容液といっても、そのタイプや価格帯など商品のバリエーションはとても多く、自分にぴったりのアイテムを見つけるのはなかなか難しいでしょう。

今回は、まつ毛美容液のタイプ別上手な塗り方や、オススメのまつ毛美容液をご紹介します。

ぜひまつ毛美容液選びのご参考にしてください。

まつ毛美容液は種類によって塗り方が違う

まつ毛美容液を塗り方で分類すると、先端部の形状で

  • 筆タイプ
  • チップタイプ
  • マスカラタイプ
  • チューブタイプ

上記の4つにわけられます。

どれが使いやすいかは人によって違うので、それぞれの特徴とどんな人におすすめかをみていきましょう。

筆タイプ

リキッドアイライナーのような、筆先が細い形状のタイプ。

毛先が細いため細かい部分にも塗りやすいのが特徴で、気になる部分を集中的にケアしたいときにピッタリです。

また、まつ毛のキワに塗って毛根から近い根元部分にしっかり美容成分を届けることができるので、これから生えてくるまつ毛に直接的にアプローチできます。

まつ毛のキワにラインを引くように塗布し、まつ毛とまつ毛の根元にトントンとなじませるように使います。

うまく塗るにはある程度慣れが必要で、普段からリキッドアイライナーを使いこなしている人やメイク上級者にオススメ。

チップタイプ

チップタイプは先端が丸みを帯びていて、全体が柔らかいスポンジのようになっています。

手先があまり器用ではない人も、まつ毛全体に美容液をまんべんなく塗ることができるのでオススメです。

スポンジ部分に美容液をたっぷりと含ませてまつ毛全体にたっぷりと塗ることも、ピンポイントで塗ることもできるので、まつ毛の根元や目じりなどの細かい部分にも塗りやすいのが特徴。

柔らかい素材でできているのでまつ毛にやさしく、マツエクにも引っ掛かりにくいので、マツエクをしている人にも◎。

マスカラタイプ

マスカラと同じスクリューブラシ形状。

マスカラ感覚で使えるので、マスカラに慣れている人に特にオススメ。

こちらもまつ毛全体に美容液をなじませやすいのが特徴で、まつ毛1本1本に均一に美容液を塗ることができます。

ただし、マツエクにブラシが引っ掛かりやすいので慎重に塗る必要があり、マツエクの人にはあまりおすすめしません。

チューブタイプ

チューブタイプは手で塗るタイプのまつげ美容液で、ジェルやクリームのようなテクスチャーがあります。

使用する分をその都度指や綿棒などに出して塗るので、衛生的に使えるのがメリット。

まつ毛だけでなく、アイクリームとしてまぶたにも使用できるものが多く、メイク慣れしていない人や不器用な人でも使いやすいでしょう。

逆に言うと、まつ毛の根元などの細かい部分に塗るには不向きと言えます。

まつ毛美容液を上手に塗るコツ

せっかくまつ毛美容液で毎日ケアするのであれば、より効果が期待できる正しい塗り方の手順を知っておきましょう。

逆に言うと、塗り方が間違っていてはいい効果が期待できなくなってしまいます!

まつ毛美容液の効果をより高めるには、正しい手順で塗ることが大切です。

まつげ美容液を塗るタイミング

まつ毛美容液を塗る最適なタイミングは、まつ毛が清潔な状態のときです。

朝なら洗顔後に目やになどを落とした、目元がキレイな状態のとき。
夜は、メイクや汚れをクレンジングでしっかりオフし、洗顔した後。

まつ毛美容液は、アイメイクや余分な油分を落とした清潔な状態の目元に塗ることで、美容成分が浸透しやすくなります。

また、美容液成分がもっとも浸透するのは、夜に寝る前だと言われています。
睡眠中は、細胞の新陳代謝が活発になり、肌が生まれ変わるということはよく知られていますが、まつ毛も同様です。
睡眠中に細胞が修復されたり生まれ変わることで、まつ毛のサイクルも正常化されるので、その前に美容液を塗っておけば成分が浸透して、より健康的なまつ毛へと導いてくれます。

美容液を塗る回数は、夜のみor朝晩2回など、商品によって異なるので、必ず商品パッケージに記載されている内容を守って使用してください。

まつ毛美容液の塗り方

まつ毛美容液を塗る前に、まずはまぶたの血行をよくしておきましょう。
血行をよくすることで、美容液成分が行き渡りやすくなります。

そのため、まつ毛美容液を塗る前には、目元を人差し指、中指、薬指の3本の指を使って、上まぶた全体と、下まぶた部分を軽くタッピングするのがおすすめ。

美容液を塗る手順は、

  • まぶたを持ちあげて、上まつげの下側の根元から毛先までまつげ美容液を塗る
  • 上まつげの上側に、生え際からコーティングするように丁寧に塗る
  • 指で下まぶたを引っ張りながら、下まつ毛や生え際にチップの先端など細い部分をうまく利用しながら塗る

ポイントは、まつげの内側だけでなく上側まで挟み込むように塗って、しっかりと全体をコーティングすることです。

まつ毛美容液の効果的な使用方法

まつ毛美容液を効果的に使うには、正しい手順と塗り方を守ることのほかにも、いくつかポイントがあります。

使用方法と使用量を守る

早くに効果を出したいからと、まつ毛美容液を塗り過ぎるのはNGです。

まつ毛美容液をたくさん塗ることで即効性を得ることはできないうえ、たっぷり塗りすぎた美容液が目に入ってしまうとトラブルの元となることも。

もちろん使用回数も定められている以上に塗ると、トラブルの原因となります。

塗り過ぎは皮膚への負担となり、色素沈着を起こしかねません。

たくさん塗ることよりも、しっかりと使用方法と使用量を守って毎日継続することが大切です。

まぶたの皮膚は薄いので、特にデリケートだということを覚えておきましょう。

長期的に使い続ける

まつ毛美容液は即効性のあるものではないので、一定期間使い続けることが大切です。

個人差はありますが、一般的にまつ毛美容液を使い始めてからハリやコシなどを感じられるようになるのは、早い人でも3週間〜1ヶ月とされています。

せっかく使い始めたのに、すぐに効果を実感できないからといって止めてしまうほどもったいないことはありません。

まずは1ヶ月、あまり変化を感じられなくても、できれば2ヶ月、3ヶ月と焦らず使い続けてみてください。

じっくり時間をかけて、あなたのまつ毛が健康的に生まれ変わっていくイメージを持ちましょう。

普段の生活習慣を見直す

美容液を正しく塗っていても、不健康で不規則な生活を送っていたら、元も子もありません。

日常的に健康的な生活を心がけることも大切です。

十分な睡眠時間や食生活、血液の循環がよくなるように入浴やマッサージ、また運動を普段から取り入れることも意識しましょう。

まつ毛だけでなくカラダ全体からキレイになる意識を持てば、自ずとまつ毛も健康的で美しく保てるはずです。

まつ毛美容液はどんな人におすすめ?

まつ毛美容液が必要か、どんな場合にまつ毛美容液を使ったほうがいいのか悩んでいるなら、以下の項目に当てはまるかチェックしてみましょう。

まつ毛美容液は以下のような人におすすめです。

まつ毛パーマやマツエクでダメージが気になる人

まつ毛にパーマをあててカールさせるまつ毛パーマや、メイクいらずで理想の目元に近づけるマツエクは多くの女性に人気ですが、自まつ毛には大きな負担となっています。

繰り返しパーマやマツエクを行い続けてまつ毛の休養期間がなければ、自まつ毛は見た目の華やかさとは裏腹にハリやコシなどを失ってしまうのです。

そんな疲労気味のまつ毛には、まつ毛美容液でケアをしてあげることでダメージを防ぎ、栄養を与えてあげましょう。

そして時々はお休みの期間を設け、美容液で保湿と栄養を補って重点的にケアするのも大切です。

まつ毛をケアすることで、パーマのもちが良くなるというメリットもあります。

ビューラーをよく使っている人

まつ毛パーマやマツエクはしていなくても、毎日のようにアイメイクでビューラーを使用している人は、やはりまつ毛に大きなダメージを与えています。

ビューラーが自まつげに直接的にダメージを与えていることは、想像できるはずです。
毎日アイメイクをするのと同様に、まつげ美容液を塗ってケアすることで、まつ毛のダメージを減らしてあげましょう。

まつ毛に物足りなさを感じる方

年齢を重ねると、髪の毛と同様にまつ毛もハリやコシを失っていきます。

まつ毛が抜けやすくなり、気づいたらまつ毛が減っていたなんてことも。

まつ毛も髪の毛と同じく、加齢とともに老化するものなのです。

若かりし頃の健康的なまつ毛に比べて物足りなさを感じるようになったら、ぜひまつ毛美容液を試してみるのがオススメ。

不足しがちな栄養を与えてあげることで、まつ毛は再びハリコシを取り戻すことができるはずです。

また、元々まつ毛にさみしさを感じている人も同様なので、まずは自まつ毛が健康的でフサフサの状態になることを目指してみてください。

まつ毛美容液の塗り方でよくある質問

ここでは、まつ毛美容液の塗り方でよくある質問をご紹介します。

不器用だけど大丈夫?

マスカラを塗るのが苦手で、いつもまぶたに誤ってつけてしまう人、実はけっこう多くいるはずです。

まつ毛美容液が誤ってまつ毛以外に付着しても大丈夫か気になるところですが、基本的には肌についても問題ないものがほとんどのため、過度に心配しすぎる必要はありません。

心配な方は、成分をしっかり確認し、まつ毛だけでなくまぶた全体に使用できるものを選べばより安心です。

また筆やマスカラタイプではなく、塗りやすいチップタイプを選んでみるのもおすすめですよ。

まつ毛美容液は何を基準に選んだら良い?

ひとことにまつ毛美容液といっても、その商品ラインナップは実にさまざま。

プチプラのものから高級化粧品ほどの価格帯まで本当にピンキリですが、自分の悩みや目的に合わせて成分をしっかり確認して選ぶのが一番です。

せっかく使い始めても、肌に合わない、思うような効果が得られないなどではもったいないので、事前にしっかりどのような成分が使用されているのかよく調べて検討してみてください。

しっかり中身を比べてみると、価格の違いもそれなりの理由があることに気づくはずです。

ラッシュリンクアイラッシュセラムは96%が美容成分のまつ毛美容液!

最後に、ラッシュリンクがこだわり抜いて作った自信作「ラッシュリンクアイラッシュセラム」(以下ラッシュリンク)をご紹介させてください。

「ラッシュリンク」は、従来の薬剤とはまったく違う、根本からの解決法として業界で注目されている最新成分を使用したこだわりのまつ毛美容液です。
最新の研究から生まれた、ヒト幹細胞培養液、ハイブリッドエクソソーム、北大海洋ガゴメなど、まつ毛ケアにこだわった美まつ毛成分を贅沢に配合しています。

まつ毛の毛髪サイクルを整え、成長期状態のまつ毛を増やすことで長く眠り続けていた回復力を呼び覚ますのです。

まつ毛のバリア機能を高め、外的要因からのダメージからも守ってくれるので、まつ毛美容液選びに悩んだら、ぜひチェックしてみてください。

さらに、96%が美容成分。下記の成分を一切使用していないので、敏感な目元にも安心して使うことができます。

「ヒト幹細胞培養液」×「ハイブリッドエクソソーム」×「北大海洋ガゴメ」のこだわり成分が注目を集め、様々な雑誌やメディアで紹介されています。

→「ラッシュリンク」のメディア掲載情報はこちら

まとめ

まつ毛美容液は「まつ毛のダメージが気になる人」「まつ毛のハリやコシがなくなってきたな、と感じている人」におすすめの簡単にできるセルフケアアイテムです。

その形状には筆、ブラシ、チップ、チューブなどがあり、塗りやすさや好みで選ぶのがポイントです。

また成分もさまざまなので、しっかり中身を確認して納得のできるものを選ぶことも重要です。

使用する際にはしっかりと使用方法を守り、正しい手順で塗ってあげてください。

「ラッシュリンク」は、想像を超えた手応えで “地まつげ伸ばし” から “新しい地まつげ” との出会いを体験できるまつ毛美容液。

まつげ美容液

LASH LINK EYELASH SERUM

ラッシュリンクアイラッシュセラム

定価11,000円(税込)/ 内容量6ml

Online Web Store
Copyright ©LASH LINK EYELASH SERUM All Rights Reserved.